レジデンス

説明

瀬戸内サーカスファクトリーは2015年に廃校となった上西小学校と学校近くの空き家を一体化した、現代サーカス創造拠点「ShionoéAIR」を発足、運営していきます。この施設は主に、現代サーカスの国内アーティストによる作品の創作や、海外のアーティストを招いたワークショップ、SCFの主催するフェスティバルで上演される作品の創作を行うためのものです。それだけでなく将来的には、サーカスに関係する舞台美術の創作施設やリガーと呼ばれる専門職の育成施設としても稼働させたいと考えています。

現代サーカスの良いところは「人を集められる」ことです。アーティストや観衆だけでなく、ショーを成立させるための様々な専門集団もサーカスによって集まってきます。残念ながら人の足が遠のきつつある塩江町上西地区に現代サーカスと瀬戸内サーカスファクトリーの力で世界中から人を集め、上西の魅力が多くの人に伝わるためのハブとして、「ShionoéAIR」が機能していければよいと考えています。

場所・概要

現代サーカス創造拠点ShionoéAIR [シオノエアー](旧上西小学校)

〒761-1614 香川県高松市塩江町上西乙461

施設の利用条件などの詳細は近日中に公開予定です。
詳しくはお問い合わせください。

将来的に有料宿泊所を開設予定です。
詳細はしばらくお待ちください。

現代サーカス練習施設として小学校の体育館を利用できます。(有料)

体育館床面積:約450㎡
体育館最頂部:約8m (切妻屋根)
利用可能設備:体操用マットレス(2m x 4m 厚み40cm)
自立型空中芸用トラス(高さ6m)
その他種目に応じて相談可
(写真内の仮設足場は常設ではありません。)

お問い合わせ

詳しくはメールにてお問い合わせください。(事務局 村山)

j.murayama@scf.or.jp