POSTコロナ ― 2020年からの瀬戸内サーカスファクトリーのビジョンと計画

今年2月から、世界が同じウィルスに揺さぶられ、現実だと信じていた世界が実は現実ではなかったのでは?少なくとも、以前に「現実」と信じていた世界には戻れないのでは?と考えてしまう日々。

春になり、少し時間が経ってくると、これは転換せよという、「見えざる手」による働きかけではないか?世界や宇宙のなかで、小さく弱弱しい存在である自分でも、何か行動すべきなのだ、と思うようになりました。

思いめぐらせ、描き、迷い、なかなか声にすることができませんでした。少なくとも2か月の間、思考はマグマのように溢れて入り混じり、無声の叫びにしかならなかったのです。

今日、ようやく、図を描くことができました。言葉による図を。

まだ雑駁ではあるけれど、ここに書き綴りたいと思います。202059日。

***

瀬戸内サーカスファクトリーに何ができるか?

舞台芸術に何ができるか?

どうすれば創造と表現を救えるのだろう?

地域は何を求めている?

2020年からの瀬戸内サーカスファクトリー」

2020年のキーワード:

「アートの小さな世界を飛び出そう!~社会のなかのアート、社会とつくるアート」

「どうすれば舞台芸術は環境に貢献することができるのか?」

1つめは、昨年から発展してきたテーマ。

2つめは、コロナ禍の世界に生きた責任として。

「アートの小さな世界を飛び出そう!~社会のなかのアート、社会とつくるアート」

このテーマに即して、今年から、具体的な取り組みを行う。

新しいプロジェクト「SPARC!」(Setouchi Performing Arts-in-Residence Community)は、これまでの瀬戸内サーカスファクトリーの10年の活動で生まれた、地域パートナーとの連係事業となる。

瀬戸内(まずは香川県内)で、異業種施設のパートナー(市町村の文化政策セクションや民間のマルシェ、旅館業、飲食業、建築家など)と連携し、現代サーカスの滞在制作が出来る環境づくりを整える。技術的な部分やレジデンスの経験値は瀬戸内サーカスファクトリーが提供し、何年かかけて、ユニークヴェニュで色とりどりの現代サーカスや舞台芸術のレジデンスを可能にしていく。

瀬戸内の島、山あい、絶景に立つ古い旅館、酒蔵跡など、なかなか体験できない創造空間に身を置き、豊かな食や自然にめぐまれた環境での滞在制作を提供していく。

2020年は各パートナー施設で長短の滞在制作を実際に行う。

この環境と人材を今後、より安心して生きる形になるよう、必要や目標を1年かけて定めていく。

また、さまざまな産業との連携も進めていく。

2年前に、高松で大型クレーンのアームや基盤などを製造する香西鉄工所との出逢いにより、高い技術力を誇る、日本の製造業のエンジニアたちとのコラボレーションが始まった。いつもは100mにも及ぶ巨大機械を扱う会社が、我々の空中芸用の躯体の製作に取り組んでくれたのだ。

これはサーカスの創造には大きな希望だし、これからもラボは続く。

産業連携の目的は、それぞれの企業は、社会の競争で打ち勝つ高い技術力をもっている。そんなプロフェッショナルの力を借りないのはもったいない!

それだけではない。

目的は、普段、アートに関わりの少ない業種とのかかわりを増やすことで、今までにないファン層をつくり、協力者を生み出す。

舞台芸術をひとりぼっちにしない、そのためには、世の中のたくさんの人に関わってもらうのが一番だ。

「どうすれば舞台芸術は環境に貢献することができるのか?」

これは新たな、大きなテーマになるだろう。

瀬戸内サーカスファクトリーも10年近く、あらゆる環境で滞在制作と公演を試みてきた中で、滞在制作やフェスティバルは決して環境に優しくない、なんとかしなければならないと感じてきた。

しかし、これまでは大きな解決策に着手することはできなかった。

今年は、環境への取り組みの専門家、活動家の方を招き、勉強会やトークセッションから始め、まずは滞在制作と創作の際に取り組めるポイントを明確化し、実践してみる。

社会の状況次第ではあるが、これらのプロジェクトは今年の秋(10月~)以降を目指して準備を進めている。

また、これまでにできなかった詳細な記録とわかりやすいアーカイブ化、またその発表にも力を入れる。

ほか、

アジアネットワーク「CAN」の設立コアメンバーとして、目指すもの、特殊性をより明確化する提案と、ネットワークとしての組織運営の安定化に役割を果たしたいと考える。

ヨーロッパネットワークCIRCOSTRADAには、アジアや瀬戸内の独自の展開、考えをもたらせる存在としてかかわっていきたい。

***

ようやく、声を出せました!

さぁ、泣いても笑っても、新しい時代が始まります!

想像力を総動員しましょう。

想像力は工夫と創造の源であり、人間が天からもらった最大のギフトですから。